61c58d99.jpg
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


集客チラシセミナーを開催すると、
毎回のように次の質問をもらいます。

「ところでチラシの反応って、
 どうやったらわかるんですか?」



な・な・なるほど・・・

そこから説明が必要だったんですね??。汗


ということで、
今日は販促の効果測定の基本です。

とは言っても、
超簡単でシンプルなので、
今日以降は必ず守るようにしてください。




◎販促費をドブに捨てないこと
============================

集客(販促)活動において、
効果測定をするのは基本中の基本です。

・販促費がどのくらいかかったか

・何人の来店につながったか

・いくらの売上になったか

・儲かったのか、それとも赤字だったのか

これらを把握していないと、
とんでもないことになる可能性があります。

たとえば、
利益を生まない販促を続けてしまい、
赤字タレ流しってことにもなり兼ねません。

ですので、
次の方法で効果測定をしてください。


↓↓↓↓↓


<クーポン券をつける>

これは集客チラシに限らないですが、
どんな販促媒体を使うときも、
必ずクーポン券を付けてください。

クーポン券の回収=効果測定

これが基本となります。


そうは言っても、

「ウチはクーポン券はやらない主義なんで」と、

頑なに拒否する方がいます。


もちろん、それも判断の一つでしょうが、
反応を計測することは不可能となってしまうので、
赤字タレ流しのリスクは覚悟してください。


(クーポンを付けないで計測できる方法は一つだけあります。
 だけど、かなり面倒なので100人に一人もやらないでしょう。、
 だからここではお伝えしません)

・・・
・・・

仮に本心ではクーポン券を付けたくなくても、
効果測定の観点からは絶対に付けてください。

もしも「券」という体裁が気に入らなければ、

「このチラシをご持参で」とか、

「このチラシを見た」とか、

お客様にアクションを取ってもらう方法でもOKです。


いずれにしても重要なのは、

「何の媒体」が「どのくらい効果があったか」を見極めることなので、

チケット制でも、申告制でも、どっちもOKです。


ということで、

万が一あなたのお店で、
効果測定ができていない媒体があったら、
すぐに改善してくださいね。

販促費はお金です。

ドブに捨てるようなことからは、
一刻も早く抜け出てください。



◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w