a02f9f1d.jpg
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


先日のブログでは、
≪広告のレスポンスを上げる≫ポイントをお伝えしました。

1)オファーの内容を見直せ!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2)オファーの魅力がスムーズ伝わっているか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
3)媒体は適切なのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
の3つでしたね。


そもそもツマラナイ提案をしてたら、
ダレにも興味すら持たれないということなので、

「つまらないことを言ってないか?」

という視点を持って、
お店の広告や販促ツールを見てみてください。




◎チェックするポイントは6つです
================================

-1,売っているもの(商品メニュー)
-2,メリット(お客様の得)
-3,証明する証拠
-4,価格
-5,リスクヘッジ
-6,レスポンスデバイス


“これが基本”ですが、

「ホームページ」と「他の広告、販促ツール」

とでは大きな違いもあります。


“スペースの限度”


ホームページ=無制限ですが
他の広告には決まったスペースがあります。

なので、スペースが狭いと、
全てをカバーできないこともあります。

(または優先順位で強弱をつけます)


では6項目の内、
どんなにスペースが狭くても絶対に必要なのは?

-1,売っているもの(商品メニュー)
-2,メリット(お客様の得)
-4,価格
-6,レスポンスデバイス

の4つです。


あなたのお店の広告や販促ツールはどうですか?

ちゃんと上の4つ(+α)が入ってるでしょうか?


「阿保さんバッチリに決まってますよ!」

そんな答えが聞こえてきそうですね。


でも、、、

値札がなくて買い物を躊躇することって

意外とありませんか?

先日もディスカウントの酒屋に行ったんですが、
買おうと思った「おつまみ」に値段がついてなくって、

思わず棚に戻しちゃいました。(ほんの数百円レベルですが・・・)


ということで、

モレがあるかもしれないので、
念のためチェックを忘れないでくださいね。


特にココ!

↓↓↓↓↓

注意してもらいたいのは“レスポンスデバイス”。


・わかりやすい地図があるか?
(掲載スペースがある場合)

・近所の目印が書かれてるか?
(XX劇場のある交差点近くとか・・・)

・時間的な目安は書かれてるか?
(XX駅東口から徒歩5分とか・・・)

・電話をしやすい工夫をしているか?
(迷ったらお電話くださいとか・・・)
(XX交差点からお電話くださいとか・・・)


スペースが狭いからって、
ただ「住所」「電話番号」を載せてるだけになってないでしょうか?

・渋谷区渋谷2??8??X

と書かれてても、
渋谷のどの辺かわかりらないですよね?

それよりも、、、

・渋谷駅東口から徒歩5分、宮益坂上交差点近く。
・03-XXXX-XXXX(迷ったらご遠慮なくお電話ください)

のほうが場所のイメージが付きやすいし、
もし困っても電話すればいいという安心感があります。

・・・

こんな視点を持って、

あなたのお店の広告や販促ツールを
チェックしといてくださいね。


また次回をお楽しみに!



◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎3つの無料レポート
1回目: 超瞬速マーケティング
2回目:Wコンテンツ戦略
3回目:飲食店非常識経営法
http://hanjou-pj.com/report_request/

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w