672eb021.jpg
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


先日のブログでは、
広告の反応を上げるための重要な提案をしました。

それは、広告や販促ツールのオファーのチェックです。


チェックする内容は、

≪絶対に必要な提案≫
-1,売っているもの(商品メニュー)
-2,メリット(お客様の得)
-4,価格
-6,レスポンスデバイス

の4つ。

そしてスペースがあるなら、

≪なるべく入れたい提案≫
-3,証明する証拠
-5,リスクヘッジ

のプラスαの要素が書かれているかです。


あなたのお店では、どうなっていましたか?


昨日の繰り返しですが、

広告の反応率を上げるには、
ポイントが3つあります。

1)まずはオファーの内容を見直す!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2)オファーの魅力がスムーズ伝わっているか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
3)媒体は適切なのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということで、

今日のメルマガでは、
2)の伝え方について少しお伝えしますね。




◎キャッチコピーが命
====================

最初に目に飛び込んでくるもの。

・・・
・・・

コイツが広告の全てです。

・・・
・・・

それが、

キャッチコピーなのか、
タイトルなのか、写真なのかは、
媒体やツールによって違うんですが、

肝心なのは瞬間的な勝負だということ。


どうしてそう言えるかというと、、、

答えは明確です。


そもそも赤の他人は、
あなたのお店の広告に興味を持っていないから。

つまり広告というのは、

*100%誰も読まない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
*100%誰も信じない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
*100%誰も利用しない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
のが普通なのです。


ということは「0」がスタートの前提となります。

本来は「0」のハズのものを
いかに0→1→2→3・・・にするかという作業なんですね。

ここを勘違いしないことです。


「ネーミングに魅力がなかったんじゃないか?」

「こだわりの伝え方が足りなかったんじゃないか?」

「写真のアングルが悪かったんじゃないか?」


いろいろと犯人探しは尽きないですが、
それらが原因なのは、せいぜい20%でしかありません。

ではなくて、

最大の原因になっているのは、
そもそも見られてないからなんです。


なので、、、

広告の反応を上げるための最初の難関は、

「100%誰も読まない」ものを、

いかに数%の人に読んでもらえるようにするかとなります。

よろしいでしょうか?


あなたのお店の広告も、
どんなキャッチコピーになっているか、
まずは確認してみてください。

それでは続きは次回のブログで。

お楽しみに!



◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎3つの無料レポート
1回目: 超瞬速マーケティング
2回目:Wコンテンツ戦略
3回目:飲食店非常識経営法
http://hanjou-pj.com/report_request/

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w