500d7159.jpg
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


昨日はキャッチコピーの重要性をお伝えしました。

そもそも「100%誰も読まない」ような広告を、
数%の人に読んでもらえるようにするのに、
重要な役割を果たすのがキャッチコピーです。


ちなみに、こんな本もおススメ!
=======================================================
★キャッチコピーおじさん★
バカ売れキャッチコピーを書くなら「中山マコト」さんの本は必読です。
僕も2度ほど飲んだことがありますが、ずっと面白いこと言ってます(笑)
たぶん、そうやって自己鍛錬してるんでしょうね。
《中山マコトさんの本》→ http://goo.gl/Xo4oj
=======================================================

・・・
・・・




◎「スムーズな伝え方」
=====================

広告でのキャッチコピーの目的は、

100%誰も読まないハズの
「1行目を読ませる」ことです。

そして1行目の目的は→2行目を読ませること。

2行目→3行目→4行目

その繰り返しになっていればOKです。


じゃあ、どうすれば、
そんなスムーズな流れが生み出せるかです。

・・・
・・・

それには「興味」+「疑問」を使います。

どういうことかと言うと、

1)圧倒的なキャッチコピーで注目してもらう

=興味を持ちます。


そうすると、必ずそこには足りない情報があります。

「えっ!何のこと?」

「それってどんなもの?」

「いつのこと?」

「どうしてなの?」

「どうすればいいの?」


そして足りない情報は、心理的も埋めたくなります。

なので、、、


2)素朴な疑問を順番に解消しながら最後まで読んでもらう

という流れにするんです。



“5W1H”

全部を入れる必要はないですが、
キャッチコピーで興味を持ってもらったら、

必ず疑問を順番に解消していくと、
スムーズで読みやすくなります。


ところが、

ずーーーっと疑問が解消されないでいると、
かったるくって途中で読まなくなるんで

注意してくださいね。

・・・
・・・

おまけ、です。


「起承転結」という有名な文章法があります。

物語で使われることが多いので、
広告とは無関係に思えるかもしれませんが、

DM内のレターや広告文に使えます。

なので、
「簡単なコツ」を伝えておきますね。


起承転結の前に、
“キャッチコピー”を使って不完全な結論を入れる。

つまり・・・

最初に結論に近いことを言う(キャッチコピー)→起→承→転→結という流れです。


「今だけ????????????をやってます!」=不完全な結論。
(「だからXXX」までの話は言わない)

疑問解消

疑問解消

疑問解消

疑問解消

疑問解消

結論=(だから)「○月○日までにご来店ください。」


全体としては、
こんなイメージを持ってるとバッチリです。

参考になったでしょうか?




◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎3つの無料レポート
1回目: 超瞬速マーケティング
2回目:Wコンテンツ戦略
3回目:飲食店非常識経営法
http://hanjou-pj.com/report_request/

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w