中小飲食店を応援する会では、あなたのお店の課題を解決し、価値ある目標を段階を追って達成していけるよう有益な情報の発信やツールなどの紹介を行っていくことを目的としています。

2017年05月

2d1e9a33.jpg
中小飲食店を応援する会の阿保です。


今日はアルバイトスタッフの
人件費を抑えるコツをお知らせしようと思います。

ちょっと変わった視点なんで、
95%以上の人は効力との関連性を知りません。

なので、こっそりと覚えちゃってくださいね。


では、その前に、
ダラダラとムダが出やすい間違いパターンから
確認しておきましょう。


人件費のムダが出るパターンとは、、、

シフトインするスタッフの人数だけを
曜日別に決めているようなケースです。

例えば、
平日なら、ランチ3名、ディナー6名など、
ザクッとした人数しか決めていないお店ですね。

これだと、シフトの作成時に
ピークタイムの人数をメインに組むので、
アイドルタイムやピーク前後の人数がバラバラとなって、
日々の人件費にバラツキがでます。

あなたのお店は大丈夫ですか?




◎シフト表=作業指示書
=================

人件費のバラツキを抑えるには、
出退勤の時間も細かく管理しつつ、
シフト自体を固定化するのがおすすめです。

例えば曜日ごとに、
30分単位で必要な人数を決めておいて、
スタッフの出退勤時間を必ず調整するようにしましょう。

16:30から1名
17:30から3名
18:00から4名
18:30から6名




このようなイメージで、
出退勤時間を管理できるモデルスケジュールを持つことが、
人件費を安定させる第一歩になります。
(退勤時間も同様に管理)


ただ、、、
これでもまだ不十分なので、

次のステップとして『休憩の計画』を入れます。

すると、早めの判断ができるようになるで、
人件費コントロールがスムーズになります。

・・・
・・・

でも、このくらいのことは、
シフト管理ができているお店なら、
当たり前にやっていることですよね。

なので、

ここからが今日の提案になります。

もう一歩突っ込んでもらうことで、
アルバイト人件費をグッと抑えることができるんです。


その方法とは、、、

日々のワークスケジュール表の中に、
予め細かな作業指示を入れておくこと、
です。

指示のポイントとしては、
オペレーションや持ち場の指示ではなくて、
売上を作るための販促系の作業とか、
サービス力向上のための作業などを入れておくんです。


例えば、

「トイレ掃除」とか、
「休憩」とか、
「チラシ配り」とか、

日頃はヒマを感じてから出す指示を、
スケジュールの中に組み込んで予定しておくんです。

そうすると、
オペレーション以外の作業時間が増えるので、
最小人員で回すクセがつきます。

すると、生産性の能力が高まったり、
少人数でのオペレーションの創意工夫が進むので、
結果として人時生産性がアップして、
シフトコントロールが進むことになります。

さらには、販促など売上につながる活動も増えるし、
サービス力の向上や空間の改善もできるので、
相乗効果がバッチリ出るんです。

ということで、

さっそく今日からは、
「ヒマ」を前提とした作業指示を、
スケジュール表に書き込んでみてください。

きっと3ヶ月後には、
スタッフのレベルアップとコストコントロールが、
同時に実現していることでしょう。


・・・
・・・

今日も読んでいただき感謝します!

ありがとうございます。





◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎3つの無料レポート
1回目: 超瞬速マーケティング
2回目:Wコンテンツ戦略
3回目:飲食店非常識経営法
http://hanjou-pj.com/report_request/

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎東京の社長.tv<より良い店舗経営をより良い人生につなげる>
http://tokyo-president.net/css.maeda

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

◎前田展明メルマガ「すべて!うまくいっている」購読
https://goo.gl/ImlG9w

ビジネスチャンス(1)
ビジネスチャンス2(1)


中小飲食店を応援する会の前田です。

今日はご報告させていただきます。

ビジネスチャンス6月号に私たちが展開している
「釜のや。」のことが掲載されました。

釜のや。は既存店の空きスペース(1坪??)を利用でき、
初期投資を通常の10分の1に抑えることができます。

1日約10件の注文であれば、月間約30万円の利益が残るビジネスモデルです。

また、料理のマイナス部分がプラスになる強みがあり
安定したリピートが見込める商材でもあります。

興味がある方はビジネスチャンス6月号を購読されてみてください。
https://goo.gl/hszWBY

売上が落ちてきていて、今年・来年と不安を感じている方は
「釜のや。」の資料を請求されることをオススメします。
http://kamanoya.com/franchise/request

--------------------------------------------------------------------------

先日、ご紹介した無料レポート

「カンタンに利益を最大化できる価格設定の方法」

も大変多くの方にダウンロードしていただきました。

ぜひお役立ていただければと思います。

まだ、ダウンロードされていない方は
こちらからダウンロードできます。
http://hanjou-pj.com/report-rieki-saidaika-kakakusettei/

ご登録いただいた方に
レポートのダウンロードURLをお知らせするようにしています。

※ご紹介するレポートは以前のもので、内容はその当時のものとご理解の上
お読みください。




◎中小飲食店を応援する会とは?
http://hanjou.blog.jp/archives/8923114.html

◎メンバー
http://hanjou.blog.jp/archives/8933395.html

◎売上・利益改善ツール
http://hanjou.blog.jp/archives/9448584.html

◎1坪ビジネスで既存店の売上UPを低投資で実現!
http://hanjou-pj.com/

◎日本飲食店パートナー協会公式ホームページ
http://jfp-a.com/

◎飲食店 釜めし導入セット
http://www.kamamesi.com/SHOP/hpj03.html

↑このページのトップヘ