585f769dd737eb7c79f674be

私は以前、飲食店を展開していく中で、膨れ上がっていく借金とスタッフの離脱により、24時間365日、ただガムシャラに働き詰めの日々を送っていました。
大半の時間をお店で過ごし、新婚のわが家には仮眠を取るためだけに帰るようなありさまでした。

当時は家庭を顧みないほど働いていたのに、お店の経営はうまくいかず、
スタッフとの確執と、借り入れに頼りながらの資金繰りにいつも悩まされていました。

「こんなに頑張っているのに、なぜ儲からないのだろう」
「いつまでこんな日々が続くのだろう」
と不安な気持ちでいっぱいでした。

頑張っているのに儲からない。
これは当時の私もそうでしたが、多くの中小飲食店でも同じように
悩まれている方は多いのではないかと思います。

当時の私は「儲からないのは努力が足りないからだ」と思い、 休みなしで
1日16時間以上は働いていました。
現場に出て誰よりも働いていたのです。

そんなある日、
「儲からないのは本当に努力不足のせいなのか?
今までガムシャラにやってきた、でも結果は良くなっていないじゃないか」と疑問に思い始めました。

「もしかすると、努力している方法が間違っていて、
今までのやり方を変えなければ、この先もずっと同じ結果になってしまうのでは」と強く感じるようになったのです。

過去の私を含め、このことに気付かずに間違った努力をやり続けている方は多くいます。
そして、間違った努力を辛い思いをしながら続けていった結果、
家族、スタッフまでも不幸にしてしまい、取引先にまで迷惑をかけてしまうことになるのです。
そのことに気付いた私は、結果を変えるために「自分が何に集中すれば一番効果が得られるのか」
を必死に考えて行動するようになりました。
それからは、自分がやるべきことに集中していったのです。

その結果、今ではすっかり売上の心配はなくなり、 借金苦の問題もどこかに消え、家庭にも平穏が戻り、
長年抱えていた胃の痛くなるような悩みからも完全に開放されたのです。

今では別のプロジェクトにもチャレンジすることができるようになり、 充実した日々を過ごせるようになりました。
私の、この実体験を通して学んだことを
当時の私と同じような立場の方々にお伝えしていきたいとの思いで、中小飲食店を応援する会の活動をしております。
今後、エキスパートの方々が、さまざまな情報を発信してまいりますので、ぜひご活用ください。 

最後になりますが、どうか今日の出会いが、皆様の将来の新しい事業展開のきっかけとなり
21世紀の飲食店をより魅力的に、感動的に安定、成長、発展し続けて頂けることを願ってやみません。


中小飲食店を応援する会 代表
前田 展明
 a4a467bd