1466055_502996056465513_1568027186_n(1)
おはようございます。
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


「お店が赤字です。どうすればいいでしょう」

僕みたいなビジネスをしていると、
この類の相談が山ほどきます。

なので今日のメルマガでは、
コストカットの話しをさせてもらいます。

ですから、、、

儲かっていてしようがない繁盛店や、
今以上に利益を増やす意欲のない人には、
ほとんど関係ありません。(読まないで大丈夫です)

しかし、、、

<現状を打開してもっと儲かるビジネスにしたい>とか、
<このままだと転がり落ちる心配がある>とか、
<すでに瀬戸際まできている>という人は、
いつも以上にグッと目を見開いて読んでください。

できれば声に出して、
そしてゆっくりと、
自分に言い含めるように読んでもらうのが効果的です。

・・・
・・・

では早速と思いますが、
最初に1つだけ忠告があります。

というのも、

今現在、儲かっていない人ほど、
読み進める内に抵抗を感じてくると思いますし、
人によっては相当イラッとするかもしれません。

でも、、、

それは当たり前だと知ってください。

なぜわかるかと言うと、
人は現状を変えたくないからです。

客観的にみれば正しいことであっても、
今の状態に甘んじているのが心地いいのです。


だからこそ、
現状を否定しないといけない状況になるほど、
人は強く抵抗したくなるんです。

<現状を変えたい>と思っているのに、
<現状を変えること>に抵抗をするのが人間なのです。

ということは、、、

この続きに抵抗を感じる人ほど、
本来は行動を変えるべき人だと思って間違いないです。


まあ今回のことだけじゃないですが、、、

抵抗を感じる=あなたにとって必要なことと考えると、

ムダな抵抗をすることこそ、
本当のムダなんだと感じるようになってきます。

・・・
・・・

では、本題に移りましょう。

継続的な赤字店のコストカットについてです。


今よりも利益を増やしたいのなら・・・、

儲けが少なかったり、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
赤字になっている月の人件費を、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
バサッとカットしてください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、、、できるだけ早く!!!

というか、できれば今すぐに!!!


・・・
・・・

このような話をすると、
ほぼ100%の経営者が抵抗してきます。

「これ以上、シフトをカットすると・・・」

という、
もっともらしい言い訳が始まります。


「お客様に迷惑がかかる」とか、

「サービス力が低下する」とか、

「スタッフが辞めてしまう」とか、


これらが、、、抵抗ですね。


もちろん、ほとんどは正論ですし、
おっしゃる通りだと思います。

これ以外にも、
もっともらしい言い訳の10個くらい、
その辺にゴロゴロと転がっているでしょう。

でも、、、

でもですね。

もっともらしい言い訳をずらーっと並べたところで、
一切問題解決につながらないことを知らないとダメなんです。

だからこそ、
本当はここで究極の選択をしないとなんです。

<このままキャッシュフローが回らなくなり、
 お店を潰れてしまうのを受け入れるのか>

それとも、

<抵抗を克服して変化のハンドルを切るのか>


もし、あなたなら、どちらを選びますか?


もう少し長くなりそうなんで、
続きは明日にでもお話ししますね。

本当に利益改善したい方のみ、お読みください。

 *******************************************

◎地域No1へのチャレンジを、10000店の輪と共に

日本飲食店パートナー協会公式ホームページ


*******************************************

発行元:株式会社CSS・マーケティング
日本飲食店パートナー協会(繁盛店販促実践会)
運営事務局

神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷1-5-59
mail:info@jfp-a.com

*******************************************