中小飲食店を応援する会では、あなたのお店の課題を解決し、価値ある目標を段階を追って達成していけるよう有益な情報の発信やツールなどの紹介を行っていくことを目的としています。

カテゴリ: 客単価UP

585f77ba802644d87d48258c
おはようございます。
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


先日、ある取材を受けているとき、
このような質問をもらいました。

「飲食店で一番早く売上を上げる方法はなんでしょうか?」


ちょうど客数×客単価×利用頻度という
売上の公式について話しているときでした。

単刀直入な質問だからこそ、
かなりシビアな答えが求められます。


%name1%さんだったら、どう答えるでしょうか?


客数を増やすのが早いのか?

客単価を上げるのが早いのか?

利用頻度をアップさせるのが早いのか?


僕が取材で答えたのは、
【客単価のアップ】でした。


ということで、

今日はもっともスピーディに、そして、
まったくリスクなく客単価を上げる方法をお伝えします。

しかも、やる気にさえなれば、
今日の営業から成果が出る優れものを2つです。



ひとつ目・・・サジェスト。

サジェストとはお客様への提案のこと。

「今日はこちらがオススメです」とか、

「~~はいかがですか?」とか、

スタッフがお客様を誘導することで、
ワンランク単価の高いメニューが売れたり、
もう一品が売れたりして客単価が上がります。


僕がスーパーバイザー時代に経験したのは、
「一緒に~~はいかがですか?」と
(昔のマクドナルドのポテトと同じです)
サイドメニューをサジェストしているお店では、
他のお店の3倍の出庫数がありました。

正直、棒読みレベルのトークであっても、
これだけの差が生まれます。


ふたつ目は・・・人気メニューの展開です。

どんなことかと言うと、
すでに多くのお客様が評価している人気メニューを、
少しアレンジしてメニュー化する方法です。

例えば、あなたのお店で売れているベスト3の中から、
まずは一品、メニューを選びます。

もちろん1位がベストなんですが、
応用の利きやすい商品がいいです。


その商品をベースにバリエーションを考えます。

ここではわかりやすく、
すぐにできるボリュームアップにしましょう。

メイン料理のボリュームを30%アップさせ、
価格アップをその半分程度にすれば一丁上がりです。

仮に生姜焼き定食という人気商品があったとしましょう。

元々のメニューでは、
豚肉は100gで売価が1,000円だとします。

この場合、豚肉を130gまで30g(30%)増量して、
商品の価格は15%アップに留め1,150円にします。

※値付けのポイント
人の感覚は25%を境に受けとめ方が変わると言われています。
なので、ボリュームアップを25%以上にして、
価格差を25%以内に抑えることで、
ボリュームアップの割に親切な価格設定と感じられます。


このようなメニュー構成の提案をすると、
元々と人気メニューを頼んでいる人の中から、
何割かの人がこちらにスイッチします。

もちろん、元々の商品も残っているので、
ボリュームアップに興味がない人にも、
今まで通りの対応ができるようになっています。

なので、客数を減らさないで、
一部のお客様を高単価にスイッチできるのです。


ボリュームアップの他にも、、、

味付けやソースを変えてみたり、
人気メニューを2品以上組み合わせたりすることで、
大きな手間をかけないでも同様の効果が狙えます。

また、副菜を追加できるようにしたり、
今までにないトッピングを提案するのもありですね。

ということで、

既存のお客様への見せ方や提案によって、
今日からでも客単価アップが実現できるることは
理解できたかのではないでしょうか。

ぜひあなたのお店でも、
今日からできることを探してみましょう。

*******************************************

◎地域No1へのチャレンジを、10000店の輪と共に

日本飲食店パートナー協会公式ホームページ


*******************************************

発行元:株式会社CSS・マーケティング
日本飲食店パートナー協会(繁盛店販促実践会)
運営事務局

神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷1-5-59
mail:info@jfp-a.com

*******************************************

1466055_502996056465513_1568027186_n(1)

おはようございます。
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


昨日は「余計買いをさせるテクニック」として、
一人当たりの数量の限定性をご紹介しました。

「人気ナンバー1!お一人様5個まで」

「入荷しました!お一人様2個まで」

とすることで、

本当は1つ買うつもりだった人が、
複数買いたくなるという心理が働くので、
飲食店ならお土産の店販品や通販商品などに使えます。

ただ、、、

人の胃袋には限界があるので、
店内飲食では2倍も3倍も食べれませんよね。

そこで今日は、
別視点で「限定性」の応用についてお伝えします。



店内飲食で「限定性」を使うとき、
発想の着眼点を2つ持ってください。

一つは「時間」。

もう一つは「数量」です。


「時間」という視点でなら、

年 →→→2015年版
季節 →→→夏限定
月 →→→7月だけの
週 →→→週替わり
曜日 →→→毎週木曜日は
日 →→→3日間限定!
時間 →→→19:00まで

こんな感じですね。


「数量」という視点なら、

個数 →→→20食限定
種類 →→→7種類(すべて制覇)
大きさ →→→Lサイズ限定
重さ →→→1.3kg(を食べると)

などが思い浮かんできます。


で、もっとも効果を発揮させるには、
2つの限定性を同時に使うのがオススメ。

「時間」+「時間」や、
「時間」+「数量」の組み合わせを考えてみてください。


例えば、、、

「1日20食限定」
とすることで希少性が生まれます。

そうなるとお店の人気商品に
エッジを利かすことができるでしょう。

また、これがうまく機能すると、
「あの店のXXは早く行かないと無くなってしまう」
というお客様心理にも好影響となってきます。


キャンペーンなどでは

「3日間だけ!日替わり限定商品が50%OFF!」

とすると大きなインパクトが付きますね。


また、某カレーチェーンが店舗数を伸ばした時には、

「1.3kg以上を30分以内に完食で無料!」

という企画が背景にありました。



このように限定性というのは
お客様の感情をググッと後押しする効果があるので、

集客効果を狙うなら→チラシや広告に使う。

入店率を上げるなら→店頭ポスターやA看板に使う。

客単価を上げるなら→メニューブックや店内POPで使うことができます。


ということで、

あなたのお店でも、
もっと、もっと限定という言葉が使えないか?

これをチェックしてみましょう。

限定発想があるだけでも今以上にチャンスは広がります。

 *******************************************

◎地域No1へのチャレンジを、10000店の輪と共に

日本飲食店パートナー協会公式ホームページ


*******************************************

発行元:株式会社CSS・マーケティング
日本飲食店パートナー協会(繁盛店販促実践会)
運営事務局

神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷1-5-59
mail:info@jfp-a.com

*******************************************

1466055_502996056465513_1568027186_n(1)

おはようございます。
日本飲食店パートナー協会の阿保です。


今日は、タダみたいなコストで、
簡単に客単価アップができるテクニックを話します。

どんなテクニックかと言うと、

本当は1つだけ買うつもりだった人が、
思わず2つも3つも買ってしまう
「余計買いをさせるテクニック」です。

ということは、

もしも悪人が悪いことを考えていれば、
ヒドイ商品をバンバン売りさばくことも
できちゃうテクニックです。

なので、、、

悪用しない範囲で活用してくださいね。笑


では、さっそく。


1つ買うつもりの人が2つも3つも買ってしまう

「余計買いをさせるテクニック」とは・・・


「数量限定」。


たとえば、
北海道の空の玄関である新千歳空港には、
たくさんのお土産屋があります。

毎度僕も買ってしまうバカ売れお土産に

「じゃがポックル」という商品があるのですが、

あるショップにはこんなPOPが貼られています。


「人気ナンバー1!お一人様5個まで」


こうやって書かれていると、

「お土産、何にしようかな~」と考えている人には、

(そんなに売れている商品なんだな)とか、
(みんなまとめ買いをしているんだな)とか、

いろいろと想像を掻き立てられます。

そして、、、

(せっかくだから2つ買っていこうとかな)

と思ってしまうわけです。


実際に僕も、購入者の動向を見ていたのですが、
かなりの割合で2つ(以上)を買っていく人が見られました。


また、、、

以前スーパーのカップラーメン売り場に行ったとき、
あるコーナーだけ商品がスッカラカンに売れ切れてました。

そこの棚にあったPOPを見ると、

「入荷しました!お一人様2個まで」と。


こんな感じで、一人当たりの数量に限定性をつけると、
複数買いたくなるという心理が働くので、
飲食店ならお土産の店販品や通販商品などに使えますね。

とは言え、

人の胃袋には限界があるので、
イートインのお店では2倍も3倍もは食べれません。
(別腹のデザートならOKかも)

なので別視点での応用法について明日はお伝えします。


*******************************************

◎地域No1へのチャレンジを、10000店の輪と共に

日本飲食店パートナー協会公式ホームページ

http://jfp-a.com/

*******************************************

発行元:株式会社CSS・マーケティング
日本飲食店パートナー協会(繁盛店販促実践会)
運営事務局

神奈川県横浜市鶴見区獅子ヶ谷1-5-59
mail:info@jfp-a.com

*******************************************

↑このページのトップヘ